事務所ニュース

キャリアパス制度の策定

 平成21年10月度より2年6ヶ月間の予定で実施されている「介護職員処遇改善交付金」について平成22年度以降の支給を受けるためには、「キャリアパス制度」の確立が要件(交付金が減額されないための)となっています。

 この機会に、人材育成型人事制度も整備を行い、それぞれキャリア形成を図り、それを日常の仕事で発揮し、かつ、それを経営側としてキチンと評価し、処遇・給与の改善を行い、長期的なマンパワーの発揮できる人事制度を構築することが必要です。

1.キャリアパスの要件

  1. 介護職員のポスト、仕事の明確化と能力、資格、経験の明確化
  2. 能力、ポストなどに応じた賃金水準

要件1

  1. 介護職員の職位、職責、または職務内容に応じた任用等要件を定める。
  2. 職位、職責または職務内容に応じた賃金体系(賞与を除く)を構築する。
  3. 上記の1、2の内容について、就業規則等の明確な根拠規程を書面で整備し、すべての介護職員に周知する。

要件2

  1. 資質向上のための計画に沿って、研修機会の提供または、技術指導の実施するとともに、介護職員の能力評価を行う。
  2. 資格取得のための支援の実施。

根拠規程の整備

 キャリアパス基本3要件をクリアするために下記の規程を整備し、周知することが必要です。

  1. 資格等級規程を整備が必要となります。
  2. 行動評価規程の整備が必要となります。
  3. 給与規程の整備が必要となります。
  4. 能力開発の整備が必要となります。

2.人材育成型「人事制度」概要図

carrierimg1.jpg

 人事制度は、長期的雇用をベースとして、人事制度の改善をはかりながら、働きやすい職場、接続的に成長・発展する職場を目標して諸制度が相互に連動した人事トータルシステムです。

3.キャリアパス制度の策定の流れ

  1. 現状の人材制度の現状確認
  2. 現状人事制度の見直しの内容検討
  3. 各制度改定案の提示
  4. 検討・決定
  5. 新人事制度の説明(資料作成)
  6. 実施